決して癒されない病よりも儚く